インプレッサ クルーズ 点滅

スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight. インプレッサの取扱説明書や写真入り簡易説明書を紹介しております。スマートフォンアプリとpdfでのご確認が可能です。使い方に合わせてお選びください。 エンジンをかけるとメーターに黄色いエンジンチェックのイラストが…。それとクルーズコントロールの表示が点灯しています。最初は後付けしたクルーズコントロールが故障したのかな? 2万5千キロ走行後、同じようにエンジンチェックランプとクルーズランプが点滅しはじめました。 後付のクルコンだったので、こんな所に影響出るのかと思いましたが、結論はo2センサーでした。 交換後は燃費も若干解消し、点滅も一切なくなりましたよ。

5月中旬、エンジン始動時(完全に冷えた状態)にてエンジン警告発動 エンジンチェックランプ点灯、画面にはこんな文章とSIドライブは[s]固定で点滅、クルーズコントロール使用不可(cruiseランプ点滅)、vdc強制off(vdc offランプ点灯)と、非常に賑やかになりましたw インプレッサを購入する時に悩ましいのがオプション選び。メーカーオプションのように後付できないものもあるので失敗したくないですよね。そこで「コレは付けておきたい」おすすめなオプションを厳選。予算も考えて「不要なオプション」もまとめました。 テスト車のデータ. インプレッサのエンジン・チェックランプが点灯してしまいまして、押してないのにvdcのキャンセル・ランプが点灯してしまいまして、他にも、siドライブのsランプとクルーズ・コントロールのランプが点滅をはじめてしまいました。 全車速追従機能付クルーズコントロールでは、si-drive のモードを変更することにより各モードの特徴を生かした追従走行をすることができます。 cruise(クルーズ)スイッチをoffにしたり、エンジンをかけるたびに、車間設定は「長」の設定となります。 スバル インプレッサ スポーツ 2016年モデル 1.6i-S EyeSightの新車・中古車情報をまとめてチェック。2020年1月9日にマイナーチェンジとして発売されたインプレッサ スポーツ 1.6i-S EyeSightの価格・性能・装備やオプション、値引き情報・買取価格などを掲載中。 クルーズコントロールとは、アクセル操作なしでも車が自動でスピードを保つ機能です。仕組みや使い方、便利な全車速追従機能付きの車種、必要かどうか判断するポイントも紹介します。 ロングドライブの疲れや不安を大幅に軽減する先進機能「ツーリングアシスト」を標準搭載。衝突の回避や運転負荷の軽減を目指した機能をはじめ、さらなる安心をプラスするアイサイトセイフティプラスなど、インプレッサ sportの予防安全についてご紹介します。 bp5のエンジンチェックランプクルーズコントロールが点灯. ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4475×1775×1480mm