さつまいも 冷凍 変色

さつまいもが冷凍できることをご存知でしょうか。 「さつまいも=新聞紙にくるんで常温保存」というイメージが強いため、冷凍保存と聞くとどうしてもマイナーな印象を受けるかもしれません。 結論!さつまいもの変色は食べても問題なし! さつまいもを食べようとしたとき、緑色や黒っぽく変色していた!という経験はありませんか? 変色していると、 「カビが生えているかも?」 「腐っているかも?」 と不安になって捨ててしまうという方も多いようです。 さつまいもが変色してしまった経験はありませんか?緑や黒、茶色、またピンクやオレンジに変色したさつまいもは食べられるのでしょうか? そのため今回は、「さつまいもが変色したのは食べれる?緑色・黒色・紫色・オレンジ、腐るとどう・・・ さつまいもは美容の素、と言われるほど、美肌やダイエットに必要な要素がたくさん含まれています。 変色すると見栄えが良くありませんが、それだけ甘みと柔らかさはお墨付き! さつまいもの適温は13~16℃です。さつまいもの低温に弱いため、冷蔵庫に保存していた時や冬の寒い時期に低温障害になりやすいのです。 一部だけ変色している場合はその部分だけ切り取って、残りは食べることができます。 さつまいもの切り口の変色の原因と変色防止策についてご紹介しました。 .

1.